沿革

平成10年 9月
福岡市中央区に株式会社ジモスを設立(9月14日)
広告代理業務、卸売業務を開始
平成10年11月
化粧品ブランド「MACCHIA」(マキア)シリーズの通信販売を開始 通信販売事業に進出
平成11年 8月
新ブランド「実用撰案(じつようせんあん)」シリーズの通信販売を開始
平成12年 3月
本社を福岡市中央区今泉に移転
平成12年12月
株式会社九州キャピタル、日本ベンチャーキャピタル株式会社が資本参加
平成13年 2月
福岡ダイエーホークスのオフィシャル球団誌「月刊Hawks(ホークス)」の編集・発行を開始
平成13年 6月
オリックス・キャピタル株式会社、大阪中小企業投資育成株式会社、明治キャピタル株式会社、ダイヤモンドキャピタル株式会社他が資本参加
平成14年 6月
健康食品ブランド「MACCHIABIO(マキアバイオ)」シリーズの通信販売を開始
平成14年 7月
株式会社ドリームインキュベータ、株式会社オーエムシーカード、トランス・コスモス株式会社、エーオンアフィニティージャパン株式会社他が資本参加
平成15年 5月
有限会社ジモス酒蔵を100%子会社化
平成15年 6月
化粧品ブランド名を「MACCHIA」から「MACCHIALb.(マキアレイベル)」へ変更
「月刊Hawks(ホークス)」の編集・発行事業から撤退
平成15年 7月
有限会社ジモス酒蔵において焼酎の通信販売を開始
平成15年 8月
東京オフィスを港区(虎ノ門)に開設
平成15年10月
有限会社ジモス酒蔵において飲料事業を開始
平成15年12月
(財)日本情報処理開発協会より「プライバシーマーク」の付与認定
平成16年 3月
株式を日本証券業協会ジャスダック市場に上場(3月5日)
福岡本社を、福岡市中央区天神に移転
平成16年10月
株式会社ドクターズバイオ研究所設立
平成17年 1月
株式会社アウトレットプラザを子会社化
平成17年 3月
株式会社サイバードと広範囲なモバイルコマース事業で包括的業務、資本提携
平成17年 4月
ケータイ連動型占い書籍「ケータイ絵文字占い」を発売
データベース連動型サイト「リダクトネスドットコム」を開始
平成17年 6月
東京支社を品川区(天王洲)に移転
平成17年 7月
有限会社ジモス酒蔵を吸収合併
平成17年 8月
JDM(JIMOS Direct Marketing)ファンドを設立
平成17年10月
商号を株式会社JIMOSに変更
平成17年11月
東京支社の呼称を東京本社に変更「生活の代謝の本」(会報誌)、「生活代謝のお店」(ECサイト)を「代謝生活CLUB」(会報誌・ECサイト)としてリニューアル
株式会社コマースニジュウイチを子会社化
平成18年10月
株式会社サイバードと経営統合
株式会社サイバードホールディングスを持株会社とする新体制へ
平成19年 1月
東京本社を港区(六本木)に移転
平成20年 3月
中長期的な観点で企業価値の向上を達成するためMBOを実施し、
サイバードホールディングスが上場廃止
平成20年 7月
初の店舗となる「マキアレイベルショップ」を福岡市中央区天神ソラリアプラザに
期間限定で開設
平成20年10月
マキアレイベルの品質管理・新商品開発に注力すべく
株式会社ドクターズバイオ研究所を吸収合併
平成21年 2月
常時店舗「マキアレイベルショップ」を福岡市中央区天神ソラリアプラザに開設
平成21年 9月
福岡本社を博多区に移転(現 福岡本社)
平成23年 1月
東京本社を渋谷区に移転
平成23年10月
「マキアレイベルショップ」を福岡市中央区天神イムズに移転
平成24年 4月
Coyori(こより)ブランドリニューアル
平成25年 7月
株式譲渡により、親会社が株式会社サイバードホールディングスから株式会社ナックに異動
平成25年10月
東京本社を新宿区に移転(現 東京本社)
平成26年 2月
Macchia Label(マキアレイベル) ブランドリニューアル
平成28年 4月
酒販事業を親会社である株式会社ナックへ吸収分割にて継承
平成29年 9月
台湾子会社(吉慕詩股份有限公司)設立
平成30年 5月
MACCHIA LABEL(マキアレイベル)ブランドリニューアル
平成30年 5月
マキアレイベルショップを閉店